雨漏りから住宅と家族を救う~屋根の修理は業者にお任せ~
原因を突き止めるプロの力~迅速な作業で雨漏り改善~
2度と雨漏りに悩まされない【効果の高い防水工事】
応急処置は自分で出来る~被害を最小限にするコツ~

雨漏り修理でダメージ軽減【二次被害を防ぐ手立て】

雨漏り修理の重要性~住まいや健康に大きなダメージ~

雨漏り

経年劣化や自然災害が原因で雨漏りが発生することがあります。放置していると住宅に悪影響が及ぶだけではなく、家族の健康被害へと繋がります。そのため、雨水の浸入に気が付いたら早めに雨漏り修理を行ないましょう。

雨漏りによるダメージ

建物を劣化させる
雨漏り修理が遅れると、雨水で濡れた木材が腐敗して、住宅の耐久性が著しく低下します。耐久性が落ちた住宅は地震のような自然災害において、倒壊のリスクが非常に高まりますが、早急に雨漏り修理をすれば住宅の劣化を防げます。
健康にもダメージ
雨漏り修理の遅れは、住宅だけでなく人間の健康状態にも悪影響を及ぼします。中でも、湿気が多い場所で増殖するカビはダニの餌となり、アレルギー疾患や呼吸器疾患を引き起こす要因になりますし、衣服や食品への悪影響も懸念されます。
シロアリの住処をつくる
シロアリは柔らかい素材を好んで食べる傾向があり、さらに湿気の多い場所に住み着きます。そのため、雨水で濡れた木材はシロアリたちの格好の餌食となり、結果的に爆発的に繁殖してしまいます。シロアリ被害は家屋倒壊にも繋がります。

まとめ

雨漏りを放置すると、住宅劣化、健康被害といった二次被害が発生します。食い止めるには、早めの雨漏り修理が大切です。

片流れ屋根は雨漏りしやすい?~雨漏り修理業者に調査を依頼~

いくつかある屋根の種類の中でも、坂のようになっている片流れ屋根は構造的に雨漏りが発生しやすくなっています。雨漏り修理を考えているのなら、まずは雨漏り修理を取り扱っている専門業者に調査を依頼して、雨漏りの原因を特定してもらいましょう。

片流れ屋根の雨漏り修理


片流れ屋根が雨漏りしやすいのはなぜ?
片流れ屋根はそのデザイン性の高い形状が原因で、雨水の流れる方向が偏ってしまいます。さらに、設計の段階で傾きが高い部分の軒が無くなっているため、外壁が風雨によって傷みやすいという弱点があります。また、片方の外壁が外気に影響されることで傷みの進行が早くなり、劣化した外壁から雨漏りが起こりやすくなります。

片流れ屋根以外の屋根の雨漏り事情

切妻屋根
国内にある住宅屋根の一般的な形状です。構造自体は単純なのですが、それ故に雨水が浸入する隙がなく、一番雨漏り被害に遭いにくい形状と言えるでしょう。しかし、大棟と呼ばれる一番高い部位から雨漏りが発生する可能性があります。
寄棟屋根
寄棟屋根は、軒が外壁全体を覆うように作られています。かき合いという形になっているのですが、Y字型になっているため、雨漏りが起こる可能性は十分あります。定期的なメンテナンスをすることで雨漏りを防止できます。

このように、屋根の形状によって雨漏り事情は変わります。雨漏り修理を依頼する前に自宅の屋根を確認してみましょう。

まずは雨漏り修理業者に確認してもらいましょう

屋根の形状が原因で雨漏りが発生している場合は、必ず業者に調査をしてもらうべきです。プロの目で調査をすることで雨水の浸入経路をすぐに発見できますし、早めに対処をすれば雨漏り修理費用を抑えることにも繋がります。

TOPボタン